日向坂46まとめ速報

日向坂46(旧けやき坂46・ひらがなけやき)専門の5chまとめブログです。『ひらがな推し』、『日向坂で会いましょう』、『HINABINGO!』等のテレビ実況記事など、日向坂46に関する話題や速報を中心にまとめています。

    渡邉美穂

    lfUGr1T

    626:走り出す名無し(神奈川県) 2020/02/14(金) 00:36:07.36 ID:My70eTLy0
    クイズ番組キター!
    Screenshot_2020-02-14 クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?

    あなたは小学5年生より賢いの?人気アイドルにクイズ王に天才画家…誰が一番賢い?[字]

    http://www.ntv.co.jp/program/detail/21885627.html
    放送日時 2月21日(金)19:00~19:56

    ▼番組内容
    日向坂46の優等生!渡邉&佐々木、大本命!芸能界のクイズ王・宇治原、奇跡の解答連発!お笑い界の天才画家・ジミー大西など各界の強者が勢ぞろい!一体誰が一番賢いの?

    ▼詳細
    今、最も勢いがあるアイドル・日向坂46から、小学生時代の成績表はほぼほぼ◎の優等生、佐々木美玲と渡邊美穂が参戦!
    そして遂に大本命、芸能界のクイズ王・宇治原史規が登場!!あの驚異の頭脳は、小学生時代の土台にあり!と豪語するが…。
    さらに、お笑い芸人にして天才画家・ジミー大西が奇跡の解答を連発!!恩人・さんま師匠におごるため、夢の賞金300万円に挑む!!いざ!小学生問題と対決!全問正解の壁を突破せよ!!

    ▼出演者ほか
    【MC】
    劇団ひとり
    佐藤隆太
    【挑戦者】
    宇治原史規
    ジミー大西
    佐々木美玲(日向坂46)
    渡邉美穂(日向坂46)
    【解説】
    寺田心
    【小学5年生】
    えいと
    のん
    みひろ
    ゆうき
    りょう
    この記事を読む

    annz_iguchi

    370:走り出す名無し(茸) 2020/01/10(金) 03:30:35.52 ID:WkXPvKuMd
    ヌー井口白日の歌い出し練習しまくってた
    べみほちゃん東村さんが2m先でジロジロこちら見てきてたのわかった

    「お兄ちゃんだよ」とか話しかけたかったけと、緊張で余裕なかった
    ゴメンね
    ※『King Gnu井口理のオールナイトニッポン0(ZERO)』の視聴はradikoからどうぞ(00:27:45~)
    http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20200110032745
    この記事を読む

    20191217-main-447x633

    218:走り出す名無し(埼玉県) 2019/12/25(水) 10:51:51.31 ID:mJOeeo8v0XMAS
    美穂の話題がちょっとあるので一応
    神田うの、10年ぶりドラマ復帰で感じた“変化” 芸能界には執着せず「できることを仕事に」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-00000301-oric-ent

     モデル・タレントの神田うのが、2009年10月に放送された日本テレビのドラマ『探偵M』以来、実に“10年ぶり”、そして自身初の“母親役”としてドラマ復帰を果たす。出演するのは、日本テレビ系で来年1月15日(水)24:59~から放送スタートするドラマ『DASADA』。人気アイドルグループ・日向坂46が主演を務め、神田は渡邉美穂の母親を演じる。プライベートでは2011年10月に長女を出産し、現在は仕事をセーブして子育てに力を入れているが、なぜドラマ復帰を決めたのか。長期間にわたりドラマ出演をしてこなかった理由や、復帰して感じた変化、そして“これからの神田うの”について、思う存分語ってもらった。

    (中略)

     物語は私立マロニエ女学院が舞台。平凡な日々を過ごしていた生徒たちは、ある日、クラスでも“ダサい”と評判の佐田ゆりあ(小坂菜緒)を中心に、ファッションブランド『DASADA』を立ち上げることになった。同じ目標に向かうことで築かれていく友情、かなえたい夢。だが、奮闘する彼女たちの前に、さまざまな騒動が巻き起こる。

     今回出演を決めた理由について、「秋元康さんが原作っていうのもあったし、お母さん役が面白そうだった」と動機を説明する。加えて夫からの後押しもあったという。「主人が『今の神田うのを使おうって思ってくれるなんて、ありがたい話じゃないか』って言ったの。それを聞いて『そうだよね。じゃあぜひともやらせていただきます』って(笑)」。オファーを受けたことで新たな気づきもあった。「子育てをしていると世間の流行にも疎くなってしまう。今回も台本を見て、タピオカが流行しているのを初めて知った」と意外な発見があった。

     演じた母親役は「結構すんなり入れました。現場に踏み入れるのが久しぶりだったから懐かしさも感じた」。しかし、“10年前の感覚”との違いに戸惑い、NGを連発してしまったという。「昔の私はセリフを覚えるのがすごく速かった。下手したらドラマの現場で覚えてた。そのままランスルー(通し稽古)をやって本番みたいな。監督から『もっとこういう風に言って』と言われてもサッと対応していた。セリフ量が多かったり、長ゼリフもあったけど、NGとかはほとんどなかったんですよね。でも今回は頭の対応力がすごい下がってるなっていうのは感じました」と苦労を明かし、「NGを出して『すいません』って言ってる人の気持ちが分かりました(笑)」と反省も口にした。

     そもそも日向坂46の存在を知らなかったという神田。娘役で出演した日向坂46の渡邉美穂とはメイクルームなどで何気ない会話を重ね、コミュニケーションを図った。人気グループのため、仕事も多忙を極めており「(渡邉が)眠そうにしていることもあった」が、自身も渡邉の年齢の時は仕事に追われていたため、「すごい気持ちが分かる。頑張ってるんだなって」と思いやった。一方で、自身の若い頃は仕事後に友人らと朝方まで遊ぶこともしばしばあったという。「必ず仕事が終わったら集まっていた。そういう時代だったから。だから(渡邉は)真面目で偉いな~と思います」と笑顔を見せた。
    この記事を読む